カテゴリ: バレッタ

西野七瀬、白石麻衣、堀未央奈、橋本奈々未、松村沙友理

全員

バレッタ〜

白石 西野 橋本 堀 松村

図書室の窓際で
女子たちが声潜め
会議中

生田 生駒 桜井 若月

ヘミングウェイを読みながら
僕はチラ見した

秋元 飛鳥 中元 深川

唇のその動きを
頭の中でトレースして
さあ ヒントを貰おうか?

万理華 衛藤 川後 高山

偶然 目と目が合って
心を覗かれたように
もう 僕は白旗上げた

全員

バレッタ〜


生田 生駒 桜井 若月

昆虫の図鑑には
きっと載っていないって
思ってた

秋元 飛鳥 中元 深川

妄想からロマンスが
ふいに 動き出す

万理華 衛藤 川後 高山

君たちのその企み
状況証拠 並べて
さあ 推理してみようか?

白石 西野 橋本 堀 松村

男子でカッコいいのは
誰かと盛り上がってる
そう 僕の視線の先で…

全員

バレッタ〜


白石 西野 橋本 堀 松村

バレッタ

生田 生駒 桜井 若月

振りむいて

秋元 飛鳥 中元 深川

両手で

万理華 衛藤 川後 高山

髪を留めながら

全員

バレッタ
君らしく
いたずらっぽい目で
微笑んだのは
なぜだ?



歌詞引用 : 秋元康「バレッタ」

衛藤美彩、川村真洋、桜井玲香、白石麻衣、高山一実

全員

私のために歌ってくれた〜

白石

俯いたら誰にも聴こえて来るだろう
遠くどこからか 鳥たちがさえずるように

高山 桜井

深い森もアスファルトのジャングルも
悲しみに暮れたあなたに歌いかける

衛藤 川村

ああ 心が癒えたら立ち上がって
考えればいい 自分にできること

全員

私のために歌ってくれた〜


衛藤

人の影はどこにも見えないかもしれない

川村

傷ついた者は 息殺し怯えてるんだ

桜井

呼んだりせず 確かめたりもしないで

高山

目を閉じてそっと静かに歌いかけて

白石

ああ 心と心が共鳴して
生きる痛みを忘れられるでしょう

全員

私のために歌ってくれた〜


全員

一人じゃないんだ

桜井 高山

必ず 誰かいる

衛藤 川村

同じように傷つき孤独を感じて…

白石 桜井 高山

あなたに似た人
ここにもいるんだよ

衛藤 川村

世界を思い出そう

全員

名も知らない〜



歌詞引用 : 秋元康「私のために 誰かのために」

生田絵梨花、中元日芽香、西野七瀬、能條愛未、橋本奈々未、松村沙友理、若月佑美

松村 橋本 西野

君が腕に抱えてた
紙袋が破れて
ラ・フランスが転がった

生田 若月

ふいのサヨナラなんて
心の端っこから落ちた
予測できないハプニング

全員

一部始終を眺めてた 道のこっちで

能條 中元

冷静すぎたことがだめだったんだ

全員

もっと感情的に僕が走れたら

能條 中元

そう バスの時間に 間に合った

全員

やさしさとは何なんだろう〜


生田 若月

だけど君は淡々と
アスファルトにしゃがんで
ラ・フランスを集めてた

能條 中元

取り返しのつかない
失敗してしまったように
まわりのみんなは憐れんだ

全員

急に相談されたって 相づち打って

松村 橋本 西野

話を聞くくらいで逃げてただろう

全員

愛を客観的に語ることなんて

松村 橋本 西野

そう 今の僕には できやしない

全員

やさしさとは何なんだろう〜


松村 橋本 西野

声を掛けないまま
君を見送るだけ
その方が僕らはしあわせなんだ

生田 若月

小さな後悔で
時が過ぎて行くのならば

能條 中元

思い出すのはやめにして

全員

孤独を選ぼう

松村 橋本 西野

やさしさとは 何なんだろう?
君に駆け寄る速さか

生田 若月

それとも落ちた涙を
一緒に拾うことか

能條 中元

愛の意味とその価値を
僕は考えたけど

全員

答えが見つからなくて
ただ歩くしかなかった

全員

やさしさとは何なんだろう〜



歌詞引用 : 秋元康「やさしさとは」

伊藤寧々、井上小百合、川村真洋、斎藤ちはる、斉藤優里、永島聖羅、中田花奈、能條愛未、畠中清羅、樋口日奈、星野みなみ、大和里菜、和田まあや

全員

初恋の人を今でも
ずっと探している
ある日 人ごみの中で
ばったり会いそうで…

井上 星野 優里

三年が過ぎたんだね
君が街を離れた日から

能條 樋口 中田 永島 川村

風の噂を聞かないけど
夢は叶ったか?

寧々 大和 和田

しあわせじゃないのなら
帰ってくればいい

畠中 川村

傷ついたその心
そう きっと癒えるだろう

全員

初恋の人を今でも
ずっと探している
昨日 会っていたように
声を掛けたいよ

能條 樋口 中田 永島 川村

思い出を美化しすぎて
人は人に幻滅するから

寧々 大和 和田

今の自分のままでいいよ
だから大丈夫

畠中 川村

話したくないのなら
何にも聞かないよ

井上 星野 優里

休んだクラス会で
まあ 想像はつくさ

全員

初恋の人をあれから
僕は待ってるんだ
恋は月日を横切り
今もここにある

井上 星野 優里

あの日に感じた切なさ
いつか忘れたと思ってたのに

能條 樋口 中田 永島 川村

黄昏の眩しさに涙が出る
僕はあきらめない

能條 樋口 中田 永島 川村

初恋の人を今でも
ずっと探している

寧々 大和 和田

ある日 人ごみの中で

畠中 川村

ばったり会いそうで…

全員

初恋の人を今でも
ずっと探している
昨日 会っていたように
声を掛けたいよ



歌詞引用 : 秋元康「初恋の人を今でも」

↑このページのトップヘ