カテゴリ: 制服のマネキン

(WHITE HIGH) 白石麻衣、高山一実

白石

夜が明けたセンター街で
遊び疲れて駅へと向かう

高山

路肩の生ゴミが少し破れて
夢の残り物 カラスたちが狙う

白石

悪いことをしてたんじゃない
親に言えない秘密が欲しい

高山

「メールか電話くらいできるでしょ?」
そう叱られたって
どこで何してたか
言わない

白石 高山

誰のために生きているのだろう?

白石

自分のことさえわからなくなった

白石 高山

大人が敷いたレールの上を〜


高山

交差点の人の流れと
逆に歩いて孤独に気づく

白石

スカートのプリーツがしわしわで
バレてる朝帰り
でも反省なんかしてない

白石 高山

何のために学校行くのだろう?

高山

やりたいことなんか見つかってないのに…

白石 高山

自由に動けない制服なんか〜


白石 高山

空の青さに道を見失って
声を上げたくなった

白石

渋谷 渋谷 渋谷だけが

高山

どんな嘘でも本音も曝け出せるよ

白石 高山

明日も 明日も 明日もきっと
私はここにいるだろう
渋谷で歌うブルース



歌詞引用 : 秋元康「渋谷ブルース」

(生生星) 生田絵梨花、生駒里奈、星野みなみ

生駒

ふわふわのワタ畑
隠れてるから見つけて

星野

真っ白なその中に
マシュマロみたいなしっぽ

生田

ホントは知ってる
早く見つけて欲しいって…

全員

ここじゃない
そう どこかへ
想像以上の明日へ

星野

変わらない毎日に
隠れる場所はないよね

生田

悲しみに出会ったら
声を上げて泣いていいんだ

生駒

愛とはぬくもり
一人ぼっちにさせないよ

全員

ここじゃない
そう どこかへ
目標以上の未来へ

全員

ふわふわのワタ畑
隠れてるから見つけて
退屈になって来たら
他の畑を探そう

生駒

ここじゃない

星野

そう どこかへ

生田

きっと 君なら大丈夫



歌詞引用 : 秋元康「ここじゃないどこか」

斉藤優里、中田花奈、衛藤美彩

優里 中田 衛藤

ニュースの後で
いつもの予報士が
身振り手振りで
伝えてた

万理華 川後 樋口 寧々

明日の朝から
暖かくなるよって
手柄みたいに…

畠中 永島 川村 中元

窓のガラスを
ノックしている

宮澤 大和 安藤 和田 ちはる

風はまだ知らない

全員

春のメロディ〜


畠中 永島 川村 中元

同じクラスで
顔を合わせる度
ぎこちなくなる
私たち

宮澤 大和 安藤 和田 ちはる

長かった冬
雲たちは
遠ざかり
太陽が射す

優里 中田 衛藤

雪と誤解は
いつかとけてく

万理華 川後 樋口 寧々

ハート 顔を見せる

全員

春のメロディ〜
春のメロディ〜



歌詞引用 : 秋元康「春のメロディー」

市來玲奈、井上小百合、齋藤飛鳥、高山一実、西野七瀬、能條愛未、深川麻衣、若月佑美

高山

真冬のプラタナスは
お別れの道

能條

あなたは心配そうに
隣りを歩く

飛鳥

「悪いのは僕なんだ」なんて

若月

ずるい言い方をしないで

深川

もっと冷たく突き放して

西野

あきらめさせてよ

全員

やさしさなら間に合ってる
思い出でいっぱい

市來 井上

心の奥に残ってる
大切な記憶

全員

強がりなら もう限界
この胸が苦しい

高山 能條

あなたのことを憎めたら
楽だったのにね…

飛鳥 若月

信号 待っていたら
追いかけて来た

市來 井上

ハンカチ 差し出す手が
あなたらしいわ

西野 深川

「1人でも帰れるか?」なんて
子ども扱いをしないで

高山 能條

恋のひとつが終わっただけ
よくある話よ

全員

やさしさなら間に合ってる
悲しみを隠して

飛鳥 若月

目尻に流れ落ちてゆく 小さな涙

全員

同情なら そういらない
プライドの問題

西野 深川

あなたのことは今だって
大好きだけどね…

高山 能條

やさしさなら間に合ってる

飛鳥 若月

思い出でいっぱい

西野 深川

心の奥に残ってる

市來 井上

大切な記憶

全員

強がりなら もう限界
この胸が苦しい
あなたのことを憎めたら
楽だったのにね…

高山 能條

やさしくしないで



歌詞引用 : 秋元康「やさしさなら間に合ってる」

生田絵梨花、生駒里奈、星野みなみ

生田 生駒 星野

君が何かを言いかけて

桜井 白石 橋本 松村

電車が過ぎる高架線

秋元 深川 若月

動く唇 読んでみたけど

飛鳥 高山 西野

YesかNoか?

桜井 白石 橋本 松村

河川敷の野球場で

秋元 井上 深川 若月

ボールを打った金属音

市來 飛鳥 高山 西野 能條

黙り込んだ僕らの所へ

生田 生駒 星野

飛んでくればいい

桜井 白石 橋本 松村

一歩目を踏み出してみなけりゃ
何も始まらないよ

秋元 井上 深川 若月

頭の中で

市來 飛鳥 高山 西野 能條

答えを出すな

全員

恋をするのはいけないことか〜


秋元 井上 深川 若月

冬型の気圧配置に

市來 飛鳥 西野 能條

心が冷え込みそうだよ

生田 生駒 高山 星野

自販機の缶コーヒー

桜井 白石 橋本 松村

君の手にあげる

生田 生駒 星野 桜井 白石 橋本 松村

卒業を待ってみたところで
何も変わらないだろう

秋元 井上 深川 若月 市來 飛鳥 高山 西野 能條

今しかできない
チョイスもあるさ

全員

どんな自分を守ってるのか〜


生田 生駒 星野

できないんじゃない
やってないだけさ

桜井 白石 橋本 松村

未来の扉 そこにあるのに

秋元 井上 深川 若月

僕は何度も誘う

市來 飛鳥 高山 西野 能條

生まれ変わるのは君だ

生田 生駒 星野

僕にまかせろ

全員

恋をするのはいけないことか〜

桜井 白石 橋本 松村

制服を着たマネキンだ



歌詞引用 : 秋元康「制服のマネキン」

↑このページのトップヘ