カテゴリ: 今、話したい誰かがいる

北野日奈子、堀未央奈、中元日芽香、寺田蘭世

北野 堀 中元 寺田

日向の楕円の外には出ないように
アスファルトに立って考え事をしてた

川村 永島 能條 樋口

悲しいことなど思い当たらないけど
心が晴れないのはどうしてなんだろう

新内 中田 優里 ちはる

あなたが気になって
落ち着かない毎日

佐々木 相楽 純奈 鈴木

どこで何してるかなんて

川村 山崎 渡辺 かりん 和田

誰と一緒にいるのか知りたくなる

全員

今の私はウザい〜


佐々木 相楽 純奈 鈴木

みんなでいる時あなたが話していた
「House of cards」のDVDすぐに借りてきた

川後 山崎 渡辺 かりん 和田

シーズン2まで一気に観終わって
その感想とか語り合いたかったけど…

北野 堀 中元 寺田

心に寄り添えば
何も話さなくていい

川村 永島 能條 樋口

同じ世界にいることを

新内 中田 優里 ちはる

一緒にいない今こそ

川村 永島 能條 樋口 新内 中田 優里 ちはる

確かめたい

全員

こんな私はだめね〜


北野 堀 中元 寺田

あなたが好きすぎて

川村 永島 能條 樋口

何も見えなくなるの

新内 中田 優里 ちはる

だって冷静になれずに

佐々木 相楽 純奈 鈴木

勝手な恋の幻

川後 山崎 渡辺 かりん 和田

追いかけてる

北野 堀 中元 寺田

今の私はウザい
自分が好きじゃない

川村 永島 能條 樋口

知り合ってから一方的な想い

全員

恋はまだまだ始まっていないのに〜



歌詞引用 : 秋元康「嫉妬の権利」

衛藤美彩、西野七瀬、白石麻衣、深川麻衣

西野 白石

一人でいるのが
一番楽だった

深川 衛藤

誰かと一緒にいると
僕は僕じゃない

橋本 生田 秋元

小さい頃から
ブランコが好きで

高山 飛鳥 星野

シーソーに乗っている時は
ただ相手に合わせた

若月 生駒 松村

気づけば君はいつのまにか
僕のすぐ近くにいるのに

桜井 万理華 井上

僕は僕らしく
そう普通でいられるのは
なぜだろう?

全員

それが恋と知ってしまったなら〜


橋本 生田 秋元

林檎を剥くとき
母親の指先が

高山 飛鳥 星野

滑って切ってしまいそうで
嫌いと嘘ついた

若月 生駒 松村

何も欲しいと言わなければ

桜井 万理華 井上

永遠に傷つかずに済む

衛藤 西野 白石 深川

僕は何回かその瘡蓋を見て学んだ
望まない

全員

これが恋と知ってしまったんだ〜


衛藤 西野 白石 深川

僕の部屋 片隅で漫画読んでる

橋本 生田 秋元 高山 飛鳥 星野

君とだったら シーソー

若月 生駒 松村 桜井 万理華 井上

乗ってみよう

衛藤 西野 白石 深川

それが恋と知ってしまったなら
こんな自然に話せなくなるよ

橋本 生田 秋元 高山 飛鳥 星野

だから僕たちは似た者同士

若月 生駒 松村 桜井 万理華 井上

気の合う友達だと思ってる

全員

目の前にはいつもヒントがあり〜



歌詞引用 : 秋元康「今、話したい誰かがいる」

伊藤万理華、井上小百合、斉藤優里、桜井玲香、中田花奈、西野七瀬、若月佑美

西野

都会の灯りって一斉に点くんだね
時間通りがなぜか息苦しくなる

桜井 若月

徐々に夜になれば
心も慣れて来るのに
今日の終わり方
準備できないやしないよ

万理華 井上

道を歩いて
自分が取り残されそうで

優里 中田

今 誰かと会いたくて
スマホばかり見てる

全員

隙間を大事にして〜


桜井 若月

何かが変わるっていつだって不安だよ
できることなら
ずっと同じがいいのに…

万理華 井上

子供の頃には遊んで帰って来ても
路地裏から
ぽつぽつ灯りは点いた

優里 中田

だから僕らは
夕焼けを覚えているんだ

西野

そう 一人でいることも
寂しくはなかった

全員

隙間がもっと欲しい〜


桜井 西野 若月

いつしか降って来た
数多の星たちも
それぞれの光り方で地上照らす

万理華 井上 優里 中田

自分のペースでいい
歩いて行こう

全員

隙間を大事にして〜



歌詞引用 : 秋元康「隙間」

(サンクエトワール) 北野日奈子、寺田蘭世、中田花奈、中元日芽香、堀未央奈

通学のバスでよく会う気になる男子
目が合うだけで俯きたくなった

中元

女子高だからそんな免疫なさすぎて

北野

恋をするにもプロセスがわからない

中田

友達はみんな彼がいるのに

寺田

私はどうして臆病なんだろう

堀 中元

いつか自然につき合えるのかな

全員

大人への近道〜


中田

もしも誰かから声掛けられたとしても

寺田

戸惑いながら逃げ出してしまうでしょう

パパとかママが望むいい子でいようって

中元

恋の進化にブレーキかけてしまう

北野

それなりにデートしてみたいけど

寺田 中田

何歳になっても夢の中で終わり
こんな私にチャンスはあるかな

全員

大人への近道〜
誰かに相談して〜
大人への近道〜



歌詞引用 : 秋元康「大人への近道」

歌唱メンバー
3列目 桜井玲香、若月佑美、生駒里奈、松村沙友理、伊藤万理華、井上小百合
2列目 齋藤飛鳥、高山一実、橋本奈々未、生田絵梨花、秋元真夏、星野みなみ
1列目 衛藤美彩、西野七瀬、白石麻衣、深川麻衣

白石 西野

Say! ポピパパッポピピップ…
Say! ポピパパッポピピップ…
Say! ポピパパッポピピップ…
Say! ポピパパッポピピップ…
パピパパポピペポン…

全員

ポッピパッパパー
ポッピパッパパー
プピパッパ ポッピパッパパー
ポピピップ Yeah!
ポッピパッパパー
ポッピパッパパー
プピパッパ ポッピパッパパー
ポピピップ Yeah!

衛藤 白石 西野 深川

We're Nogizaka46…

秋元 生田 高山 橋本

We're Nogizaka46…

生駒 飛鳥 星野 松村

We're Nogizaka46…

万理華 井上 桜井 若月

We're Nogizaka46…

衛藤 白石 西野 深川

わかる人 わかればいい
純な言霊

秋元 生田 高山 橋本

わかって欲しくない ドアを閉めて
秘密の世界

全員

(パ行で)

生駒 飛鳥 星野 松村

歌いましょう

全員

(パ行で)

万理華 井上 桜井 若月

踊りましょう

全員

(それ以外)

生駒 飛鳥 星野 松村

必要じゃない

万理華 井上 桜井 若月

すべてが伝わる

白石 西野

パピパパポピペポン…

全員

ポッピパッパパー
ポッピパッパパー
プピパッパ ポッピパッパパー
ポピピップ Yeah!
ポッピパッパパー
ポッピパッパパー
プピパッパ ポッピパッパパー
ポピピップ Yeah!
Party People Pure
Purple People Pure
PAPIPUPE People Please!

秋元 生田 高山 橋本

We're Nogizaka46…


生駒 飛鳥 星野 松村

閉鎖的 楽しみ方
誰も入れない

万理華 井上 桜井 若月

説明しなくてもわかり合える
壁を作って…

全員

(パ行で)

衛藤 白石 西野 深川

愛しましょう

全員

(パ行で)

秋元 生田 高山 橋本

喋りましょう

全員

(それ以外)

衛藤 白石 西野 深川

通じないはず

秋元 生田 高山 橋本

ここを出て行って

白石 西野

パピパパポピペポン…

全員

ポッピパッパパー
ポッピパッパパー
プピパッパ ポッピパッパパー
ポピピップ Yeah!
ポッピパッパパー
ポッピパッパパー
プピパッパ ポッピパッパパー
ポピピップ Yeah!
Party People Pure
Purple People Pure
PAPIPUPE People Please!


衛藤 白石 西野 深川

Say! ポピパパッポピピップ…
Say! ポピパパッポピピップ…
Say! ポピパパッポピピップ…
Say! ポピパパッポピピップ…

全員

ポッピパッパパー
ポッピパッパパー
プピパッパ ポッピパッパパー
ポピピップ Yeah!
ポッピパッパパー
ポッピパッパパー
プピパッパ ポッピパッパパー
ポピピップ Yeah!
Party People Pure
Purple People Pure
PAPIPUPE People Please!
We're Nogizaka46…

歌詞引用 : 秋元康「ポピパッパパー」

秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、伊藤万理華、井上小百合、衛藤美彩、齋藤飛鳥、斉藤優里、桜井玲香、白石麻衣、新内眞衣、高山一実、西野七瀬、橋本奈々未、深川麻衣、星野みなみ、松村沙友理、若月佑美

西野 白石

爽やかな風が吹いて
木々の枝揺らしている

生田 橋本

木漏れ日のその下を
歩きながら想う

桜井 生駒 秋元

どんな道もきっとどこかへ続く

高山 若月

あの頃の私たちは
今居る場所も分からずに

飛鳥 深川

暗くて見えない道
星を探すように

星野 井上 万理華

胸の奥の夢を手がかりにしてた

衛藤 優里 松村 新内

辛いこともいっぱいあった
いくつもの坂上った

全員

迷ってるのは〜


桜井 生駒 秋元

突然に鳴り響いた
雷に逃げ惑って

高山 若月

夕立に濡れながら
雲を見上げ想う

飛鳥 深川

どんな雨もやがて晴れ間に変わる

星野 井上 万理華

その時のあの彼女は
自分の居場所無くしてた

衛藤 松村

みんなとはぐれそうで
心配もしたけど

優里 新内

探す声を聞いて道に戻った

西野 白石

喧嘩だっていっぱいしたよ
だから仲間になれたんだ

全員

悩んでたのは〜
迷ってるのは〜



歌詞引用 : 秋元康「悲しみの忘れ方」

↑このページのトップヘ