2019年05月

山崎怜奈、渡辺みり愛、鈴木絢音

鈴木 山崎 渡辺

萎んでいた風船
道の上に落ちてた

かりん 斉藤 相楽 能條

そうきっとさっきまで
空を飛んでいたんだろう

純奈 川後 河村 佐々木 和田

元気がない時って
誰もみんなあるよね
この胸のどこかから
エネルギーが抜けてしまったように…

渡辺

人生 難しい

鈴木 山崎

大人は 勝手だし

能條

世間は 厳しいし

かりん 斉藤

親とは口も 利かないし

相楽 和田

友達誰とも 心開かないし

純奈 佐々木

しあわせ 知らぬ間に

川後 川村

萎んで行くよ 何なんだ?

全員

愛が破けて〜


かりん 斉藤 相楽 能條

落ち込むその理由が
何かわかってるなら

鈴木 山崎 渡辺

穴 空いたその箇所を
頑張って塞げばいいだけなのに…

かりん 能條

青春は 美しい

斉藤 相楽

現実は 狂おしい

渡辺

SNS 喧しい

鈴木 山崎

昔は夢も 探したし

純奈 佐々木 和田

だけど 叶わない
やることなんてないし

川後 河村

毎日 やるせない

かりん 斉藤 相楽 能條

ああ 生きるって
何なんだ?

全員

人は誰も考えすぎだ〜


渡辺

愛は強い 丈夫なんだよ

鈴木 山崎

そんな簡単に破れはしない

かりん 斉藤 相楽 能條

ちょっと シュンとしているだけで

純奈 川後 川村 佐々木 和田

穴が空いた気がするんだ

全員

愛が破けて〜



歌詞引用 :「風船は生きている」秋元康

(ナスカ) 伊藤万理華、齋藤飛鳥、西野七瀬

西野

Baby!
Take me away from the shadow
ドアが開いたのか?
風が吹き込んで来た
誰かの足音がする

飛鳥

鍵は掛けてたはずだ

万理華

静かに近づく気配

飛鳥 西野

HEY!HEY!HEY!
こんな真夜中過ぎに

万理華 西野

HEY!HEY!HEY!
何をしに来た? Why here?

全員

目には見えないもの〜


飛鳥

ずっと 待っていたんだ
こんな時が来ること
いつも耳をそばだててた

万理華

なぜだか眠れぬ日々

白石

予感が的中した

万理華 飛鳥

HEY!HEY!HEY!
あんな別れ方して

飛鳥 西野

HEY!HEY!HEY!
後悔したか? So What?

全員

今も消えないもの〜


全員

HEY!HEY!HEY!
誰もいないよJesus!
目には見えないもの〜



歌詞引用 :「Another Ghost」秋元康

久保史緒里、大園桃子、山下美月

大園 久保 山下

ああ 目の前には鬱蒼とした森が広がってる
ああ 道なき道 先へ進まなきゃ夢に近づけない

理々杏 岩本 坂口 与田

困難が 立ちはだかって逃げ腰になりそうな
そんな試練に

梅澤 佐藤 中村 向井 吉田

誰か味方はいるか?
仲間は揃ったか?

大園 久保 山下

重なる木々に太陽のない世界

理々杏 岩本 坂口 与田

手探りしながら
競い合う枝を払い草を踏む

全員

三番目の風になろう〜


理々杏 岩本 坂口 与田

ああ ひっそりと日陰に咲く花の名を知らない

梅澤 佐藤 中村 向井 吉田

ああ でもいつかは 誰かの目にも留まって欲しい

大園 久保 山下

環境に恵まれてなくてその不運恨むより
チャンスを待とう

理々杏 岩本 坂口 与田

友は信じられるか?
ずっとそばにいるか?

大園 久保 山下

どんな時でも太陽がある宇宙

梅澤 佐藤 中村 向井 吉田

遠い願いを邪魔する雲はすぐに追い払え!

全員

三番目の風を起こせ〜


大園 久保 山下

Someday 雨が降る日も来るよ

理々杏 岩本 坂口 与田

(辛いだろう)
Someday 雪が降るかもしれない

大園 久保 山下

(苦しいだろう)

梅澤 佐藤 中村 向井 吉田

肩寄せて 支え合って一塊になればいい
さあ それでも立ち上がるんだ

全員

三番目の風になろう〜



歌詞引用 :「三番目の風」秋元康

(かすみ草) 生駒里奈、井上小百合、星野みなみ、堀未央奈

夕暮れ 近くにある商店街

生駒

ママから頼まれた買い物をして

井上

小さな本屋で立ち読みしてたら

星野

あなたが歩いて来た

生駒

あれから 何年が経ったのだろう?

普段着 何だか恥ずかしくなった

星野

ずっと 片想いで終わった人

井上

ちゃんと着替えればよかった

生駒 堀

髪が短い今に そんなに驚くなんて

井上 星野

少しくらいは覚えていてくれた

全員

付き合ってる人はいるのかな〜


井上

二人はスマホを手にはしたけれど

星野

LINEを教え合うこともないまま

やがて 昔話も尽きた頃

生駒

時間はまた動き出した

井上 星野

地元でばったり会う偶然は奇跡じゃない

生駒 堀

考えてみればよくあることだよね

全員

付き合ってる人はいるのかな〜


生駒 堀

再会しても

井上 星野

懐かしむだけ

生駒 堀

もうあの頃に

井上 星野

戻せやしないんだ

全員

付き合ってる人はいるのかな〜



歌詞引用 :「当たり障りのない話」秋元康

(女子校カルテット) 秋元真夏、桜井玲香、中田花奈、若月佑美

秋元 桜井

大人にはいつなったんだろう?
ピアノを辞めた日か 卒業をした日か

中田 若月

気づいたら子どもじゃなかった
そんなに長くは生きていないのに…

秋元

恋だってしたことはあるし

桜井

仕事もしているし

若月

ぼんやりと結婚も想像したりして…

中田

誕生日が近い

全員

いつのまにか〜


中田 若月

大人にはいつなったんだろう?
メイクをした日か 接吻した日か

秋元 桜井

"初めて"の経験ばかりで
はしゃいでるうちに 二十歳を超えてた

中田

喜びも悲しみもいっぱい

若月

思い出溢れるし

桜井

あきらめていない夢もまだ一つあるけど

秋元

誕生日が近い

全員

音を立てず〜
いつのまにか〜



歌詞引用 :「人生を考えたくなる」秋元康

(姉御坂) 衛藤美彩、白石麻衣、高山一実、松村沙友理

白石

カブリオレのルーフ
全開にしちゃって
首都高 湾岸線を走る

松村

爆音で流すソウルミュージックさえ

高山

風向き次第でやさしく聴こえる

衛藤

飛行機が青空横切ってく
東京BAY
永遠なんてどこにもない

白石 高山 松村

時間は何事もなく進むよ

全員

Why don't you fly away
意外BREAK〜


衛藤

サングラス掛けなきゃ
コンソールボックス
手探りで見つけ出したんだ

松村

涙じゃなくて太陽のせい

高山

切なさ以上に冷静な自分

白石

この橋を渡れば感じるだろう
Summer breeze
心 全部流されちゃえ

衛藤 高山 松村

愛は無責任な感情って奴

全員

But I don't think so
孤独DRIVE〜
意外BREAK〜



歌詞引用 :「意外BREAK」秋元康

生田絵梨花、生駒里奈、星野みなみ

生田

金色の水が跳ねた
太鼓橋 その下の川面から…

生駒

ほら ふいにちゃぽんと落ちたんだ

星野

あれは夜空の破片か

生田

見上げてみれば真っ暗だ

全員

満月が消えた〜


生駒

夏草の青い匂い
僕たちは恋してたはずなのに…

生田

ねえ 風に吹かれて飛んでった

生駒

吠えてたはずの狼

星野

探してみてもどこにもいない

全員

満月が消えた〜


星野

ほら 川に浮かんだ丸い月

生田

そっと両手で掬うか

生駒

そこにあるもの
そこになきゃ

全員

満月を戻そう〜



歌詞引用 : 秋元康「満月が消えた」

衛藤美彩、斉藤優里、新内眞衣

衛藤

なぜ悲しみは忘れかかってまた思うのか?
そう傷口の治り具合確かめるように…

優里

あの夏服はクリーニングにずっと出したまま

新内

だって洗っても偽りが染み込んでいるでしょう

衛藤

あんなに強く抱かれることも
激しくその腕振りほどくこともない

全員

人生でたったひとつ〜


優里

ずっと自己嫌悪最低だったあの日の私

新内

もうLINEとか電話番号すべて消したけど

衛藤

ああ友達に反対されたモラルのない恋
ただ頑なにみんなとは距離を置いてしまった

優里

未来が何も見えない時も

新内

あなたの横顔見てるだけでよかった

全員

人生でたった一度〜
人生でたったひとつ〜



歌詞引用 : 秋元康「醜い私」

伊藤万理華、井上小百合、中元日芽香

全員

ごめんね スムージ〜

中元

誰かのことを好きになると
もう他のものなんて
目に入らなくなる

万理華

全部 そつなくこなすのは無理
そのうちにどれかを失うのよ

井上

愛は犠牲を払ってもいいと
覚悟決めなきゃ掴めない

中元

あっと言う間に過ぎて行く

万理華 井上

無我夢中の時間

全員

ごめんね スムージ〜


万理華

1分前は思っていた
もう男の子なんかに
振り回されない

井上

そう決めたことはちゃんとやろうと
誓っても 予定は未定なもの

中元

喉は確かに渇いていたんだし
栄養だって欲しかった

万理華

毎日の習慣なのに

井上 中元

ほったらかすなんて…

全員

ごめんね スムージ〜


中元

Yeah! Yeah!
かなり時間が経って
飲んでみたけど

万理華

なんか温くて

井上

なんか 美味しくない

全員

シャーベットが溶けている〜



歌詞引用 : 秋元康「ごめんね、スムージー」

北野日奈子、寺田蘭世、堀未央奈

ああ僕はここで
何をやってる?何をやってる?
一人つぶやく

北野

ああ 僕はここで
なんで生きてる?なんで生きてる?
誰か教えて

寺田

どうしてこの世に生まれたんだろう?
「産んでください」
頼んだわけじゃないよ

全員

ワタボコリ〜


寺田

ああ 僕はいつか
何ができるか?何ができるか?
気づくのだろうか?

仕方がないから
歩いて来たけど

北野

僕の人生
なんてちっぽけなんだ

全員

ワタボコリ〜


全員

いつも見えないのに
時々 見えるんだ

光が差し込むと

北野

確かにそこにいる

寺田

ゴミクズ ワタボコリ

全員

どっちがマシなんだろう?
ワタボコリ〜



歌詞引用 : 秋元康「ワタボコリ」

秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、伊藤万理華、井上小百合、衛藤美彩、北野日奈子、齋藤飛鳥、斉藤優里、桜井玲香、白石麻衣、新内眞衣、高山一実、寺田蘭世、中田花奈、西野七瀬、樋口日奈、星野みなみ、堀未央奈、松村沙友理、若月佑美

飛鳥 白石 西野 堀

いつの間にか雨は止んでた
空の青さに気づかなかったよ

秋元 生田 生駒 衛藤 高山

淡い日差し オープンカフェで
ポニーテールの虜になった

伊藤 桜井 松村 若月

ずっと友達でいるのか?

北野 優里 寺田 星野

もっと特別になるのか?

井上 新内 中田 樋口

聞かせておくれ 夏だ

全員

君にスカイダイブ〜


伊藤 桜井 松村 若月

旋回するヘリの音に
君の言葉を待っていたから

北野 優里 寺田 星野

何か始まるのだろうか?

井上 新内 中田 樋口

そばを通り過ぎるだけか?

飛鳥 白石 西野 堀

答えが欲しい

秋元 生田 生駒 衛藤 高山

太陽

全員

恋はスカイダイブ〜


飛鳥 白石 西野 堀

落下のスピードで
君への想いが伝わるだろう

秋元 生田 生駒 衛藤 高山

風の向き次第で
僕の愛は叶うか
わかるはず

伊藤 井上 北野 優里 桜井 新内 寺田 中田 樋口 星野 松村 若月

Yeah Yeah Yeah

全員

君にスカイダイブ〜



歌詞引用 :「スカイダイビング」秋元康

桜井玲香、西野七瀬、若月佑美

西野

夜明け近く 湾岸線を
流れてる赤いテール

若月

動脈みたい

桜井

どこか行くなら
連れて行きなさい

桜井 若月


西野

走る

桜井 若月


西野

急ぐ

桜井 若月

私を

西野

置いてくつもり?

桜井 若月


西野

走る

桜井 若月


西野

逃げる

若月 (cho.西野)

助手席 窓を開けて

桜井

今 何を捨てた?

全員

恋は跡を濁して去った〜


若月

白む空が眩しすぎるよ

桜井

渋滞が始まったら

西野

心臓発作

若月 (cho.桜井)

別の道なんて

西野

言い訳するつもり?

桜井 若月

風が

西野

吹いて

桜井 若月

風が

西野

語る

桜井 若月

あなたの

西野

深層心理

桜井 若月

風が

西野

吹いて

桜井 若月

風が

西野

ごめん

桜井 (cho.西野)

夢なんか見たくない

若月

もう疲れたのね

全員

恋はいつもいきなり終わる〜


桜井 若月


西野

走る

桜井 若月


西野

急ぐ

桜井 若月

お別れ

西野

ジャンクション

桜井 若月


西野

走る

桜井 若月


西野

逃げる

桜井 若月

一目散

西野

重たい女だと
噂されたくない

若月

心外よ

桜井

思い出なんか

全員

塩まいて Good-bye
恋は跡を濁して去った〜



歌詞引用 : 秋元康「Rewindあの日」

白石麻衣、松村沙友理

白石

途中で バスから降りたくなったの
見過ごせないでしょう 今夜のプラネタリウム

松村

辺りは 街灯りさえも見えない
草原の外れ ここからどうやって帰ればいいの?

白石

360度 空は両手を広げて

松村

すべてのものを見せてくれる

白石 松村

惜しげもなく美しい世界〜


松村

自分が こんなにちっぽけなんだと
見せつけられたわ 宇宙のこの無限大

白石

やさしい 星明かりだけが照らした
一本の道を ステップ踏みながら夜が明けるまで

松村

風が通り抜けて 木々がざわざわしている

白石

幻想的な光と影

白石 松村

誰もいない私の自由〜


白石

ゆっくり息吸って
ゆっくり息を吐いたら

松村

宇宙と地球 一つになる

白石 松村

降り注いだ銀河の言葉〜



歌詞引用 : 秋元康「流星ディスコティック」

秋元真夏、高山一実

秋元

僕を置いて行くんだ 深すぎる傷口
きっとここまでの命これ以上動けない

高山

君を残して行けないこの肩に掴まれ!
引きずってでも連れてく真っ赤な痛みを…

秋元

決断しなけりゃ二人とも死ぬ

高山

後悔しながら生きたくなどない

秋元 高山

僕たちは美しい戦士
誇り高き男さ

秋元

大事なことは死に方なんだ
友よ お別れだ

秋元 高山

僕たちは美しい戦士
何も恐れぬ勇者

高山

諦めないぞ 連れて帰るぞ
愛した月日のすべてを


高山

君が行かないのなら僕もここに残る
背中向けられないだろう
運命は一つだけ

秋元

馬鹿なことを言うなよ
二人犬死にになる
微笑んで見送りたい 心は永遠

高山

無念の涙を流していいか

秋元

最後の銃弾握らせてくれ

秋元 高山

悲しみは誰のせいなんだ?
怒り 込み上げて来る

高山

腹の底から叫ばせてくれ
友よ また会おう

秋元 高山

悲しみは誰のせいなんだ?
天に向け吐いた唾か?

秋元

自分だけを責めちゃいけない
愚かな世界の片隅


秋元 高山

忘却は救いになるのか〜

秋元

大事なことは死に方なんだ
友よ お別れだ

秋元 高山

僕たちは美しい戦士
何も恐れぬ勇者

高山

諦めないぞ 連れて帰るぞ
愛した月日のすべてを



歌詞引用 : 秋元康「忘却と美学」

齋藤飛鳥、白石麻衣、大園桃子、与田祐希、西野七瀬、堀未央奈

大園 与田

日差しに切り取られた

大園 与田 白石 西野

市営球場から聴こえて来る
ひと夏の熱狂は

白石 西野 飛鳥 堀

どれくらい風が吹けば醒めてくのか?

秋元 生田 衛藤

自分の声が 他人のように響くよ

高山 星野 松村

客観的過ぎるのだろう

生駒 桜井 若月

いつの日からか 僕は大人になって

万理華 井上 新内

走らなくなった

全員

ミラージュ〜


秋元 生田 衛藤

芝生のスプリンクラー
過ぎるその季節を止めようとする

高山 星野 松村

半袖を着た女は
カーディガンをいつ肩に羽織るのか?

生駒 桜井 若月

やりたいことは いつもいっぱいあったのに

万理華 井上 新内

できない理由 探していた

飛鳥 白石 大園 与田 西野 堀

君と出会って 青春時代のように
夢中になれたよ

全員

ミラージュ〜


飛鳥 白石 大園 与田 西野 堀

大事なものはいつだって あやふやな存在

秋元 生田 衛藤

手を伸ばしても 何も触れられない

高山 星野 松村

でもそこにあるってこと

生駒 桜井 若月

信じるまっすぐさが

万理華 井上 新内

生きてく力だよ

全員

ミラージュ〜



歌詞引用 :「逃げ水」秋元康

梅澤美波、山下美月、久保史緒里、伊藤理々杏

久保 山下

一番大事なものは
何だろうって思った

理々杏 梅澤

愛か夢か友達か
目を閉じて考えた

岩本 大園 坂口 与田

いろいろ浮かんで選べないよ

佐藤 中村 向井 吉田

見栄とか欲とか
捨てなきゃいけないんだ

全員

未来に答えがある〜


岩本 大園

欲しいものがあり過ぎて
足りないものを数える

坂口 与田

何を一つ残せば
満足できると言うんだろう?

佐藤 中村 向井 与田

子どもの頃って 無欲だった

理々杏 梅澤 久保 山下

両手に持ってる
すべてが宝だった

全員

いつかは答え合わせ〜


理々杏 梅澤 久保 山下

とりあえず
大事なものがきっと

岩本 大園 坂口 佐藤 中村 向井 吉田 与田

ちゃんと見えて来るよ
そのうち

全員

未来に答えがある〜



歌詞引用 :「未来の答え」秋元康

秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、伊藤万理華、井上小百合、衛藤美彩、大園桃子、齋藤飛鳥、桜井玲香、白石麻衣、新内眞衣、高山一実、西野七瀬、星野みなみ、堀未央奈、松村沙友理、与田祐希、若月佑美

秋元 松村

八月のレインボーブリッジ
ここから眺めながら
僕たちは恋をした

飛鳥 白石 西野 堀

でも何から話せばいい?
ただ隣に腰掛けて
ぎこちなく風に吹かれた

生田 衛藤 高山

一緒にいる その幸せが

大園 星野 与田

ずっと続くと思った

生駒 井上 若月

やがて季節は過ぎるものと

万理華 桜井 新内

気づいていたのに…

全員

ひと夏の長さより〜


生田 衛藤 高山

台風で中止になった
花火大会なんて
どうだってよかったんだ

大園 星野 与田

始まったら終わってしまう
当たり前の出来事も
できるだけ延ばしたかった

生駒 井上 若月

かき氷が溶けたこととか

万理華 桜井 新内

金魚すくいの下手さも

秋元 白石 松村

君の浴衣の可愛さとか

飛鳥 西野 堀

喧嘩したことも…

全員

この夏は特別だ〜


秋元 飛鳥 白石 西野 堀 松村

肌寒い秋風が吹いても
もう少し Tシャツがいい

生田 衛藤 大園 高山 星野 与田

カーディガンを着たくはない
君と恋した夏

秋元 松村

来年の夏はまた

飛鳥 白石 西野 堀

きっとここに来るだろう

生田 衛藤 大園 高山 星野 与田

愛するとは言葉はなくていい

生駒 万理華 井上 桜井 新内 若月

そばにいることだ

全員

ひと夏の長さより〜



歌詞引用 :「ひと夏の長さより…」秋元康

生田絵梨花、久保史緒里

生田

「何か、食べ物をくれ」

「…よそ者はごめんだ」

生田

「金ならある」

「…どこか、よその街に行ってくれ」

生田

「…一番、近い街でも三日はかかる。簡単なものでいい」

「断る」

久保

「ワーニャ! 久しぶりのお客様でしょ?」

「何を言ってるんだ、エレーナ? うちは、この通り、いつだって満員だ」

久保

「毎日、毎日、同じ顔ぶればかり… 私は、ここじゃないどこかの話を聞きたいの? …そこに座って!」

久保

旅人よ 聞かせてくれ
今日までの日々の物語を…

生田

このパンや赤ワインに
値するほどの話がない

久保

しあわせだけど
何かが足りない

生田 久保

教えて ここにないのは
新しい花粉求めてるんだ〜

久保

「あの山の向こう側には、どんな世界が広がっているの?」

生田

「また、次の山がある」

久保

「その山を越えると?」

生田

「また、次の山があるんだ」

生田

旅人は 願っている
やすらぎの場所を見つけたいと…

久保

何百年 この景色は
新しい影を受け入れてない

生田

愛されたいと 初めて思った

生田 久保

永遠もそんなに悪くない
退屈な風はいつも優しい〜

久保

「私を連れて行って! あの山の向こうに… ここではないどこかへ…」

生田

「おまえは気づいていない」

久保

「何が?」

生田

「この酒場が、あの山の向こうってことを…」

生田 久保

いくつもの山を越えてみたって〜
新しい花粉求めてるんだ〜

生田

「そうだ。おまえが今、退屈に暮らすこの街こそが、あの山の向こうから見れば、希望の街なんだ」

久保

「ここが理想郷…って、説教くせえ〜!」



歌詞引用 : 秋元康「新しい花粉~ミュージカル「見知らぬ世界」より~」

秋元真夏、白石麻衣

白石

あなたはいつも言ってたよね?
世界で一番 親友だって
今の今まで信じてたけど
私の元彼と浮気した?

秋元

うちらは家が近かったし
幼稚園の時から一緒だから
好きなケーキも好きな動物も
好きな彼氏も似てるよね?

秋元 白石

しょうがないかも
気が合う二人
好きになるのも
同じタイミング
付き合い始めたのは

白石

私が先でしょ?

秋元 白石

初めてキスしたのは

秋元

私が先でしょ?

秋元 白石

まあいいか?
まあいいか?


秋元

私に嘘はつかないって
喧嘩をした後 指切りしたね?
仕事忙しいって言ってたけど
昨日 合コンしたんだって?

白石

もちろん誘いたかったけど
誰かの紹介 嫌いだったよね?
ある日突然 巡り会うような
運命でなきゃ 恋じゃない

秋元 白石

どっちにしても縁遠いよね
占いなんて外れてばかり
彼氏がいないことに

秋元

なんだかなれちゃった

秋元 白石

彼氏がいなくたって

白石

それなりに楽しい

秋元 白石

まあいいか?
まあいいか?


秋元 白石

いつもあなたといれば
寂しくなんかないから
ずっと後を追いかけて
金魚のふんでいようね

秋元 白石

もし彼氏ができても

白石

拗ねたりはしない

秋元 白石

もし彼氏ができても

秋元

仲良くできるわ

秋元 白石

本当はどうかしら?

白石

絶対 許さない

秋元 白石

本当はどうかしら?

秋元

早く別れさせたい

秋元 白石

まあいいか?
まあいいか?
まあいいか?
まあいいか?
まあ…良くないって!



歌詞引用 :「まあいいか?」秋元康

(若様軍団) 梅澤美波、阪口珠美、山下美月、若月佑美

全員

サササのサ…

山下 若月

1人カラオケは別れ歌ばかり
彼氏に振られて傷つき中

梅澤 阪口

ピザに唐揚げ
フレンチフライ ハニートースト
やけ食いしたって立ち直れない

若月

そんな皆様に

山下

耳よりな情報

阪口

電話一本で

梅澤

すぐに駆けつける

全員

もう終わったロマンスの回収業〜


若月

「毎度お騒がせしております。破れた恋の回収車でございます。自分では整理出来ない幸せな日々の写真、動画、LINEのデータ、プレゼントされた指輪、ネックレス、ぬいぐるみ、一緒に買ったTシャツ、いつか突きつけてやろうと思った浮気の証拠など溢れる涙や思い出の数々を引き取らせていただきます。折れた心の後片付け。どうぞ、お気軽に声をお掛けください。」

梅澤 坂口

誰かに相談したって
時が解決するよと

山下 若月

アドバイスされるだけ
涙が止まらない

若月

あんな最高の

山下

素敵な彼なんか

阪口

二度と出会えない

梅澤

そんなネガティブな

全員

昨日までの自分の回収業〜
サササのサ…

梅澤

燃えるゴミ
サササのサ…

阪口

燃えないゴミ
サササのサ…

山下

資源ごみ
サササのサ…

若月

分別して

若月

一度は壊れたI LOVE YOU!

山下

かけら拾い集め

阪口

修理をしましょう元通り

梅澤

どこに出しても恥ずかしくない

全員

生まれ変わったあなたは新品同然
失恋お掃除します〜



歌詞引用 :「失恋お掃除人」秋元康

↑このページのトップヘ