齋藤飛鳥、堀未央奈、山下美月

齋藤

故郷へ帰るのはもうどれくらいぶりだろう
いつのまにか父親の白髪が増えていた

高校を卒業して勝手な夢追いかけた
僕には自慢できるような土産話が無い

山下

そのままにしてくれてた西日が差し込む僕の部屋
窓を開け 風を入れ替えてたらふと誰か逢いたくて

全員

路面電車がガタゴトと〜


どんな顔すればいい 決まり悪い僕なのに

山下

まるで何もなかったように狭い路地は続く

齋藤

区画整理されるって言われてた商店街
シャッターがいくつか下りてたけど
あの店はまだあった

全員

路面電車の警笛が〜


齋藤

なんでこんなにやさしいのだろう

一度は背中向けた街のあの夕焼けが

山下

何も言わずに包んでくれた Ah-

齋藤

路面電車は今日もまた街の中を走り

堀 山下

人の思い運び続けてる日常的な風景

全員

そして
路面電車がガタゴトと〜



歌詞引用 : 秋元康「路面電車の街」