(からあげ姉妹)

松村


生田

日差し

松村

ざわざわしてる

生田


松村


生田

耳を塞ぐ

松村

大切なもの

生田

何だ?

生田 (松村)

誰の(ために)生きて(いるの?)
ある日(ふいに)なぜか(思った)
答え(なんか)きっと(ないと)
僕は(ずっと)

生田 松村

知ってる
運命は重いだろう

生田

(この命)

生田 松村

大地を踏みしめるように
この場所 立ちながら 心は 空を見上げる 一人

生田

「僕はどうすればいい?」

生田 松村

自分の重力 感じてみよう
それでも存在してる
確かに土に残った僕の足跡

松村 (生田)

ほんの一瞬(ここにいたこと)その証なんだ
やがては(消えてく)すべての(記憶は)

生田 松村

曖昧


生田 (松村)

白い(雲は)どこへ(行くの?)
風に(吹かれ)遠く流され
どんな(想い)秘めたか(きっと)
君は(行方)

生田 松村

知らない
現実は厳しいだろう

松村

(森羅万象)

生田 松村

光と影が生まれるよ
美しい世界だけ勝手に信じてても
見えない真実がそこにはあるってことに気づく

松村

「キレイゴトばかりじゃないんだ」

生田 松村

自分の居場所を見つけたかった
必要とされたかったんだ
シューズを脱ぎ捨て 裸足になってみた

松村 (生田)

足の裏側(土が)生きもののように(動く)
感じる(力は)自然の(息吹きか)

松村

太陽は

生田

また巡る

生田

「僕はここにいる」

生田 松村

自分の重力 感じてみよう
それでも存在してる
確かに土に残った僕の足跡

松村 (生田)

ほんの一瞬(ここにいたこと)その証なんだ
やがては(消えてく)すべての(記憶は)

生田 松村

何だって曖昧



歌詞引用 : 秋元康「曖昧」

伊藤純奈、佐々木琴子、寺田蘭世、中田花奈、中村麗乃、樋口日奈、向井葉月、山崎怜奈、吉田綾乃クリスティー、和田まあや

寺田 中村 樋口

海面に陽が沈んで辺りが暗くなれば
考えてたこともどうせ見えなくなる

中田 山崎

人影なくなって波音だけが響く

佐々木 向井 和田

星明かりの下何を話せばいい?

伊藤 吉田

NO NO NO NO NO NO
ただ 見つめ合った

寺田 中村 樋口

Why? あなたは眼差しで探ろうとする

山崎 中田

Why? 傷つきたくない お互い…

寺田

どうするの?

全員

滑走路なんか必要ない〜


伊藤 吉田

物事はどんな時も順番が大事だって
教えられたけどまるで関係ない

佐々木 向井 和田

例えばキスしてから恋が始まってもいい

伊藤 吉田

感情はいつでもコントロールできない

寺田 中村 樋口

More More More More More More
ねえ 情熱的に

佐々木 向井 和田

Fly! 私はせっかち 背伸びしながら

伊藤 吉田

Fly! 答えは出ている もう

中村 樋口

そうでしょう?

全員

突然の離陸予告もなく〜
滑走路なんか必要ない〜



歌詞引用 : 秋元康「滑走路」

遠藤さくら、賀喜遥香、掛橋沙耶香、金川紗耶、北川悠理、柴田柚菜、清宮レイ、田村真佑、筒井あやめ、早川聖来、矢久保美緒

遠藤 掛橋 筒井

遠くから憧れていた
その清楚で凛々しい先輩の姿

賀喜 田村

坂道のあの高校と
同じ制服を着たい その夢が叶った

柴田 清宮

鏡に自分を映して
くるりと一周回った

金川 北川 早川 矢久保

エムブレムにふさわしい未来
汚さぬように頑張るしかない

全員

4番目の光を探しに行こう
どこかにきっとあるだろう
私たちの世代だけのその輝き
新しい色になる


柴田 清宮

制服に袖を通して
胸に込み上げてくる万感の想い

金川 北川 早川 矢久保

坂道を今 すれ違う
卒業生がやさしく頑張れと微笑む

遠藤 掛橋 筒井

自分に何ができるのか
不安と期待が膨らんで

賀喜 田村

夜明け前に目が覚めてしまう
私らしく全力で走ろう

全員

4番目の光になれますように
まっすぐ道を進むだけ
いつの日か次の世代に繋ぐために
暗闇を切り拓け

遠藤

もし雨が降ってぬかるんでも

掛橋 筒井

しっかり歩いて行く

賀喜 田村

やがては地面も乾く

柴田 清宮

雨雲の隙間 ほら差し込む

北川 矢久保

光たちよ

金川 早川

この坂道登れ!

遠藤 賀喜 掛橋 田村 筒井

こんなに素敵な場所にいられたことを

金川 北川 柴田 清宮 早川 矢久保

誇りに思えるように輝こう

全員

4番目の光を探しに行こう
どこかにきっとあるだろう
私たちの世代だけのその輝き
新しい色になる
光は愛



歌詞引用 : 秋元康「4番目の光」

3列目 梅澤美波、北野日奈子、秋元真夏、久保史緒里、高山一実、星野みなみ、新内眞衣
2列目 山下美月、生田絵梨花、白石麻衣、松村沙友理、桜井玲香、与田祐希
1列目 堀未央奈、賀喜遥香、遠藤さくら、筒井あやめ、齋藤飛鳥

賀喜 遠藤 筒井

風が悲鳴を上げ窓震わせて

堀 齋藤

水道の蛇口から後悔が漏れる

白石 松村 桜井

過ぎ去った一日を振り返って

山下 生田 与田

眠れなくなるほど不安になるんだ

秋元 久保 高山

誰に相談しても考え過ぎだと言う

梅澤 北野 星野 新内

自分をどうやって認めればいいのか?

全員

光はどこにある? 僕を照らしてくれよ
暗闇は 暗闇は 涙を捨てる場所
希望はどこにある? 生まれ変わる瞬間
夜明けまで もう 強がらなくていい


白石 松村 桜井

当たり前のようにできたことが

山下 生田 与田

自信がなくなって部屋を出たくない

堀 賀喜 遠藤 筒井 齋藤

情けない自分が腹立たしく思えて

梅澤 北野 秋元 久保 高山 星野 新内

命の無駄遣い 誰に謝るか

全員

光はどこにある? 僕を導いてくれ
太陽は 太陽は 夢の背中を押す
明日はどこにある? ヨロヨロと立ち上がれ
夜明けまでは さあ かっこ悪くていい


堀 賀喜 遠藤 筒井 齋藤

朝日が見えて来た 弱音はもう吐かない

山下 生田 白石 松村 桜井 与田

今日こそは 今日こそは 自分らしく生きる

全員

光はどこにある? 僕を照らしてくれよ
不安とは 不安とは 期待の裏返しか
希望はどこにある? 生まれ変わる瞬間
太陽よ 太陽よ 連れ出してくれるのか?
すぐに夜明けが来る



歌詞引用 : 秋元康「夜明けまで強がらなくてもいい」

齋藤飛鳥、堀未央奈、山下美月

齋藤

故郷へ帰るのはもうどれくらいぶりだろう
いつのまにか父親の白髪が増えていた

高校を卒業して勝手な夢追いかけた
僕には自慢できるような土産話が無い

山下

そのままにしてくれてた西日が差し込む僕の部屋
窓を開け 風を入れ替えてたらふと誰か逢いたくて

全員

路面電車がガタゴトと〜


どんな顔すればいい 決まり悪い僕なのに

山下

まるで何もなかったように狭い路地は続く

齋藤

区画整理されるって言われてた商店街
シャッターがいくつか下りてたけど
あの店はまだあった

全員

路面電車の警笛が〜


齋藤

なんでこんなにやさしいのだろう

一度は背中向けた街のあの夕焼けが

山下

何も言わずに包んでくれた Ah-

齋藤

路面電車は今日もまた街の中を走り

堀 山下

人の思い運び続けてる日常的な風景

全員

そして
路面電車がガタゴトと〜



歌詞引用 : 秋元康「路面電車の街」

北野日奈子、鈴木絢音、星野みなみ、堀未央奈、渡辺みり愛

全員

Am I loving? Loving? Loving?

星野 堀 (北野 鈴木 渡辺)

何かちょっと変なんだ 胸の奥が苦しくて…
You know, Baby? (I know, Baby?)
病気かも (違うでしょう)

北野 鈴木 渡辺 (星野 堀)

Maybe 熱がありそうだ 身体中が熱くって…
I wonder why? (You wonder why?)
ぼーっとしてる (どうしちゃったの?)

こんな症状初めてなんだよ
不安になるだろう

北野 鈴木 渡辺

(心配性なのね)

星野

病院に行って診てもらわなきゃ

北野 (鈴木)

絶対 (まさか) どこか (どこが?)

渡辺

おかしいんだ

全員

(Things such as illness)
僕は恋してるのかな〜


北野

何もやる気がしないんだ

鈴木

まるで宙を浮いている

渡辺 (北野 鈴木)

Isn't it strange? (It is strange)
おかしいんだ (お休みなさい)

北野 鈴木 渡辺 (星野 堀)

ずっと夢を見てるような お花畑歩いてる
Not like me(Not like you)
僕らしくない(そう 確かに…)

北野

だけどみんな 大丈夫だって
親身にならないんだ

鈴木 渡辺

(そのうち治るって)

鈴木

医者も言ってた 薬はないって

渡辺

食欲

北野

(急に)

なくて

鈴木

(げっそり)

星野

痩せて来たよ

全員

(I'm a bit sick)
それは恋のせいだって〜


星野

麻疹じゃない

星野 堀

I bought your virus

知らないうち

星野 堀

I bought your virus

北野

治りたいような

鈴木 渡辺

治らないまま

全員

ドキドキしてたいような心境
Am I loving〜



歌詞引用 : 秋元康「Am I Loving?」 参考:乃木坂46ユニットパート

岩本蓮加、大園桃子、久保史緒里、阪口珠美、与田祐希

大園

通学電車を追いかけて
自転車 全力立ち漕ぎした

岩本 与田

並んで走る線路沿いの道
一瞬のロマンティック

久保 坂口

窓の向こうで気づいてるかな
毎朝同じ 平行線の恋
君が好きなんだ

全員

あっという間に〜


久保 与田

どんなに必死に願っても
叶わぬ夢があるってことか

岩本 大園 坂口

いつもの坂道 力が尽き果て
君の電車 見送った

全員

10分以上〜
僕一人だけ〜


大園 与田

どうしてだろう?
こんな風が気持ちいい
今生きている

全員

あっという間に〜



歌詞引用 : 秋元康「平行線」 参考: 乃木坂46ユニットパート

齋藤飛鳥、白石麻衣

白石 (飛鳥)

グラスに(いくつか) 氷を(入れて)
溶けてく(時間を) ただ眺めてた

飛鳥 (白石)

今の僕には(yes) 共感できるけど(why)
何にもできないのが残酷で

白石 (飛鳥)

じっと待ってる(yes) それだけでは(why)
存在がない

飛鳥 白石

愛って何だか〜


飛鳥 (白石)

変化が(ないのに) 氷を(じっと)
見てても(誰だって) 退屈になる

白石 (飛鳥)

そうだ君は(no) 気づいていない(love)
影響力などない僕なんて

飛鳥 (白石)

せめて側に(no) 居てくれれば(love)
違っていた

飛鳥 白石

愛ってあやふや〜


白石 (飛鳥)

でも僕は知ってる(確かに)
氷があったことを(目の前に)

白石

それでいいんだ

飛鳥

愛してたんだ

飛鳥 白石

水に流されたって

白石

愛って不思議だ 誰にもわからないよ
言葉なんかじゃ説明できないし

飛鳥

溶けて流れてなくなるし
想いはずっと消えないし
得体の知れない音響なものなのか

飛鳥 白石

愛ってなんなんだ〜



歌詞引用 : 秋元康「のような存在」

大園桃子、堀未央奈、生田絵梨花、齋藤飛鳥、白石麻衣、高山一実、与田祐希

全員

LA LA LA LA LA LA…
Happy! Happy! If you wanna bring big smiles, sing out!

生田 飛鳥 白石

世界は広すぎて見渡せない
青空はどこまで続くのか

大園 堀 高山 与田

水平線のその向こうは晴れてるのか?
それともどしゃ降りの雨か?

梅澤 北野 秋元 久保 松村 星野 桜井

ここにいない誰かのために
今何ができるのだろう
みんなが思えたら良い

井上 佐藤 鈴木 岩本 阪口 渡辺 理々杏 新内

自分のしあわせを少しずつ分け合えば
笑顔は広がる

全員

この想い届け Clap your hands〜


秋元 久保 松村

もし泣いてる人がどこかにいても
訳なんか聞いたって意味がない

梅澤 北野 星野 桜井

生きるってのは複雑だし
そう簡単に分かりあえるわけないだろう

井上 佐藤 鈴木 岩本 阪口 渡辺 理々杏 新内

ただじっと風に吹かれて
同じ空見上げるように
一緒にいてあげればいい

大園 堀 生田 飛鳥 白石 高山 与田

吹きさらしのその心 温もりが欲しくなる
孤独は辛いよ

全員

僕たちはここだ Stomp your feet〜


生田 飛鳥 白石

ここにいない誰かもいつか
大声で歌う日が来る
知らない誰かのために

大園 堀 高山 与田

人は皆弱いんだ
お互いに支えあって前向いて行こう

全員

この想い届け Clap your hands〜



歌詞引用 : 秋元康「Sing Out!」

伊藤かりん、伊藤純奈、川後陽菜、川村真洋、斎藤ちはる、相楽伊織、佐々木琴子、鈴木絢音、寺田蘭世、能條愛未、樋口日奈、山崎怜奈、渡辺みり愛、和田まあや

寺田 樋口 渡辺

雨がどんなに降ったって
傘を差すのは嫌なんだ
もしそれが運命なら 僕は
ずぶ濡れのまま歩いてやる

ちはる 鈴木 能條 山崎

本やカバンを翳したり
屋根を探して走らない
僕が無様に見えたとしても
ハンカチなんか差し出すなよ

かりん 川後 川村

バカみたいだと笑えばいいさ
痩せ我慢してどうする?

純奈 相楽 佐々木 和田

何をそんなに意地を張るのか?
大人なのに…

全員

自分のルール決めたんだ〜


かりん 川後 河村

空の機嫌を窺って
傘を閉じたり開いたり
もうそんな生き方なんかごめん
一度濡れれば自由になる

純奈 相楽 佐々木 和田

何を信じて歩くのか?
天気予報は見たくない
君にやさしく叱られたって
風邪をひいても構わないさ

寺田 樋口 渡辺

いつからこんな頑固になった?
扱いづらいタイプだ

ちはる 鈴木 能條 山崎

何を求めて拒否してるのか?
協調性

全員

勝手にルール決めたんだ〜
自分のルール決めたんだ〜



歌詞引用 : 秋元康「My Rule」

伊藤かりん、伊藤純奈、川後陽菜、川村真洋、斎藤ちはる、相楽伊織、佐々木琴子、鈴木絢音、寺田蘭世、能條愛未、樋口日奈、山崎怜奈、渡辺みり愛、和田まあや

全員

カモーン カモーン カモーン
こっちおいで
カモーン カモーン カモーン
自惚れビーチ
WOW WOW WOW Hey!
カモーン カモーン カモーン…

鈴木 樋口 和田

最新の水着着て待っていた

かりん 川後 川村 相楽

ただいま募集中よ
イカしたボーイフレンド

純奈 ちはる 佐々木 寺田 能條 山崎 渡辺

カモーン カモーン カモーン

鈴木 樋口 和田

どこかにいない?

佐々木 寺田 山崎 渡辺

付き合ったら損させない Yeah!

純奈 ちはる 能條

ハラハラして飽きさせない Yeah!

佐々木 寺田 山崎 渡辺

ハグとかしちゃって キスもしちゃって

純奈 ちはる 能條

期待値マックス 最高にハッピー

かりん 川後 川村 相楽 鈴木 樋口 和田

カモーン カモーン カモーン

鈴木 樋口 和田

絶対 忘れない (忘れない)
ひと夏になるよ

かりん 川後 川村 相楽

だって私と (私と)
恋するんだよ

純奈 ちはる 佐々木 寺田 能條 山崎 渡辺

(ありがたいでしょう?)

全員

カモーン カモーン カモーン
こっちおいで
カモーン カモーン カモーン
自惚れビーチ

鈴木 樋口 和田

ちょうど一人なの (Hey!)

かりん 川後 川村 相楽

今だけのチャンス (Hey!)

全員

カモーン カモーン カモーン
こっちおいで
カモーン カモーン カモーン
上からロマンス

純奈 ちはる 佐々木 寺田 能條 山崎 渡辺

私がフリーでいるなんて

全員

ありえないから
カモーン カモーン カモーン…


佐々木 寺田 山崎 渡辺

サンオイル 背中だけ塗って欲しい

純奈 ちはる 能條

どなたか手が空いてる優しいGUYS

かりん 川後 川村 相楽 鈴木 樋口 和田

サマー サマー サマー

佐々木 寺田 山崎 渡辺

照れてないで!

鈴木 樋口 和田

触れ合ったら感電するYeah!

かりん 川後 川村 相楽

惹かれ合って通電するYeah!

鈴木 樋口 和田

ビリビリしちゃってスパークしちゃって

かり川後 川村 相楽

ハートはノックダウン
このままノックアウト

純奈 ちはる 佐々木 寺田 能條 山崎 渡辺

サマー サマー サマー

佐々木 寺田 山崎 渡辺

ちょっと 面倒な (面倒な)
彼女になるかも

純奈 ちはる 能條

だって私は (私は)
わがままだから

かりん 川後 川村 相楽 鈴木 樋口 和田

(あきれないでちょうだい)

全員

サマー サマー サマー
出会ったのは
サマー サマー サマー
何かの縁

佐々木 寺田 山崎 渡辺

彼と別れたて (Hey!)

純奈 ちはる 能條

偶然ラッキー (Hey!)

全員

サマー サマー サマー
出会ったのは
サマー サマー サマー
奇跡の糸

純奈 ちはる 佐々木 寺田 能條 山崎 渡辺

ちょっぴり寂しい環境は

全員

弱気になるよ

かりん 川後 川村 相楽 鈴木 樋口 和田

恋はタイミング リセット サマー

全員

サマー サマー サマー

純奈 ちはる 佐々木 寺田 能條 山崎 渡辺

恋はタイミング リサイクル サマー

かりん 川後 川村 相楽 鈴木 樋口 和田

こんなことはレアケース

全員

カモーン カモーン カモーン
こっちおいで
カモーン カモーン カモーン
自惚れビーチ

鈴木 樋口 和田

ちょうど一人なの (Hey!)

かりん 川後 川村 相楽

今だけのチャンス (Hey!)

全員

カモーン カモーン カモーン
こっちおいで
カモーン カモーン カモーン
上からロマンス

純奈 ちはる 佐々木 寺田 能條 山崎 渡辺

私がフリーでいるなんて 絶対に

全員

ありえないから
カモーン カモーン カモーン…



歌詞引用 : 秋元康「自惚れビーチ」

白石麻衣、西野七瀬、生駒里奈、生田絵梨花、橋本奈々未

西野 生駒 生田

ねえ 夏の強い陽差しに
街が乱反射しているよ

白石 橋本

もう君が影に隠れてても

高山 若月 桜井 秋元 深川

誰かにすぐ見つかるだろう

星野 飛鳥 万理華 井上

一人きり閉じ籠もってた

松村 優里 新内 衛藤

心から飛び出してみよう

全員

太陽ノック誘っているよ〜


白石 橋本

ああ 光り輝いてても
やがて夏は過ぎ去って行く

高山 若月 桜井 秋元 深川

そう 君はその時の寂しさ

星野 飛鳥 万理華 井上

感じ取って臆病になる

松村 優里 新内 衛藤

未来とは今が入り口

西野 生駒 生田

見逃せば前に進めない

全員

太陽は味方いつも変わらず〜


白石 西野 生駒 生田 橋本

流れ出す汗の分だけ

高山 若月 桜井 秋元 深川

その夢がカタチになるんだ

全員

太陽ノック誘っているよ〜



歌詞引用 : 秋元康「太陽ノック」

(御三家) 白石麻衣、橋本奈々未、松村沙友理

白石

君のマンションの近くまで
自転車でやって来た
今日こそはこの気持ち
ちゃんと伝えたかった

白石 橋本

だけど前には坂があって
僕のこと試そうとしている

白石 松村

足を着けずに登り切れたら
告白しよう

全員

君は思ったよりも〜


白石

そばで遊んでた子供まで
僕を見て笑ってる
この坂を登るのは
絶対 無理だろうって…

白石 松村

だけど僕にも意地があるよ
男なら頑張らなきゃいけない

白石 橋本

それが愛だろ?どんな困難も
乗り越えてやる

全員

君は思ったよりも〜


白石

君は思ったよりも
急斜面で
ライバルは誰もがリタイアさ

全員

中途半端な想いじゃ
首を縦に振らないだろう
坂の上まで やっとたどり着いたら
とにかく好きだ

白石

「好きだ〜!」



歌詞引用 : 秋元康「急斜面」

北野日奈子、堀未央奈、中元日芽香、寺田蘭世

北野 堀 中元 寺田

日向の楕円の外には出ないように
アスファルトに立って考え事をしてた

川村 永島 能條 樋口

悲しいことなど思い当たらないけど
心が晴れないのはどうしてなんだろう

新内 中田 優里 ちはる

あなたが気になって
落ち着かない毎日

佐々木 相楽 純奈 鈴木

どこで何してるかなんて

川村 山崎 渡辺 かりん 和田

誰と一緒にいるのか知りたくなる

全員

今の私はウザい〜


佐々木 相楽 純奈 鈴木

みんなでいる時あなたが話していた
「House of cards」のDVDすぐに借りてきた

川後 山崎 渡辺 かりん 和田

シーズン2まで一気に観終わって
その感想とか語り合いたかったけど…

北野 堀 中元 寺田

心に寄り添えば
何も話さなくていい

川村 永島 能條 樋口

同じ世界にいることを

新内 中田 優里 ちはる

一緒にいない今こそ

川村 永島 能條 樋口 新内 中田 優里 ちはる

確かめたい

全員

こんな私はだめね〜


北野 堀 中元 寺田

あなたが好きすぎて

川村 永島 能條 樋口

何も見えなくなるの

新内 中田 優里 ちはる

だって冷静になれずに

佐々木 相楽 純奈 鈴木

勝手な恋の幻

川後 山崎 渡辺 かりん 和田

追いかけてる

北野 堀 中元 寺田

今の私はウザい
自分が好きじゃない

川村 永島 能條 樋口

知り合ってから一方的な想い

全員

恋はまだまだ始まっていないのに〜



歌詞引用 : 秋元康「嫉妬の権利」

(さゆりんご軍団) 伊藤かりん、佐々木琴子、寺田蘭世、松村沙友理

松村

大人になればいろいろあるけど
嫌なこと忘れてしまおう

伊藤 佐々木 寺田

生きてくことに 気を遣っていたら
ストレスが溜まってしまうよ

松村

さあ 切り替えて頭の中を空っぽに

伊藤 佐々木 寺田

力を抜いて行こうぜ!

全員

Wanted! さゆりんご募集中〜


松村

恋も仕事も 人間関係
何もかもがうまく行くわけない

伊藤 佐々木 寺田

もう 適当に難しいこと抜きにして

松村

バカなふりして行こうぜ!

全員

Wanted! さゆりんご いかがっすか〜


伊藤 佐々木 寺田

ささささ さゆりんご〜

松村

お待たせしました!

伊藤 佐々木 寺田

(Come on Baby!)

松村

そうささゆりんご軍団

伊藤 佐々木 寺田

よろしく

松村

(よろしく)

全員

Wanted! さゆりんご募集中〜



歌詞引用 : 秋元康「さゆりんご募集中」

秋元真夏、斉藤優里、白石麻衣、新内眞衣、高山一実

白石

あの日 どうだった?
どういう顔でどこを見ていたんだっけ?

秋元 高山

どうだっていいけれど
何でだろう?引っかかってるの

優里 新内

女の勘とか
そういう面倒くさいものシャットダウン

白石

(I want to know)
知りたくない

秋元 高山

(知りたかったのかな)

白石

知りたいんだ

優里 新内

たかがあなたのこと

全員

頬杖が何だか癖になる〜


高山

気にすれば気になるわ

秋元

言葉の骨 刺さってるの

優里

飲み込んだけれど

新内

喉の奥がちょっと変な感じ

白石

咳払いしても
言いたいこと吐き出せないのよ

秋元 優里 新内 高山

イライラして来て
何かに当たりたくなるクールダウン

白石

(I love you so)
愛してたし

優里 新内

(愛しているらしい)

白石

愛してる

秋元 高山

だってあなたのこと

全員

頬杖ついては眠れない〜


白石

(Do you love me?)
気にしてない

秋元 高山

(気になんかしないで)

白石

気になってる

優里 新内

たかがあなたのこと

全員

頬杖が何だか癖になる〜

白石

夜が明ける



歌詞引用 : 秋元康「頬杖をついては眠れない」

生田絵梨花、伊藤万理華、衛藤美彩、齋藤飛鳥、堀未央奈、若月佑美

生田 飛鳥 堀

しあわせはどこにある?
何度 問いかけただろう

万理華 衛藤 若月

ここじゃないどこかだと
誰もが答える

生田

空を飛んでる
渡り鳥に聞こうか?

飛鳥 堀

草木は萌え 花は咲き

万理華 若月

美しく輝いた
桃源郷

全員

遥かブータン〜


万理華 衛藤 若月

悲しみはいつ捨てる?
涙はどこへ流す?

生田 飛鳥 堀

海を越え 道を行け
誰かが教える

衛藤

今日という日に
何か夢を見てるか?

万理華 若月

四季折々 風は吹き

飛鳥 堀

喜びの恵みたち
待つだけか?

全員

目指せブータン〜
遥かブータン〜

生田

誰も心に
彼の地 探しているよ



歌詞引用 : 秋元康「遥かなるブータン」

(3列目) 桜井玲香、若月佑美、松村沙友理、生駒里奈、伊藤万理華、井上小百合、堀未央奈
(2列目) 齋藤飛鳥、高山一実、衛藤美彩、秋元真夏、星野みなみ
(1列目) 橋本奈々未、西野七瀬、深川麻衣、白石麻衣、生田絵梨花

全員

ハルジオンが 道に咲いたら
君のことを僕らは 思い出すだろう
いつも そばで 微笑んでた
日向のような存在
心癒してくれた 白い花の可憐さ

深川 白石 西野

他の色に紛れながら
話しかける きっかけもないまま

橋本 生田

何も変わらぬスタンス

衛藤 高山

仲間たちは 自由の意味を知った

秋元 星野 飛鳥

君はどうして そんなに
やさしい瞳で見つめるの?

生駒 松村 万理華

悲しみや怒り 憂鬱なことはないの?

若月 桜井 井上 掘

風に吹かれても 清々しい表情で

深川 白石 西野 橋本 生田 衛藤 高山

すべてを許すように佇んでる

全員

ハルジオンが〜


橋本 生田 衛藤 高山

いつの間にか ふと気付くと
君のことを誰も探してた

秋元 星野 飛鳥

まるで母親みたいに

生駒 松村 万理華

近くにいる気配に安心した

若月 桜井 井上 掘

君も季節が過ぎれば
いなくなると分かってる
限りある命 永遠の花は無いさ

深川 白石 西野

次に会えるのは また新たな夢を見て
今より綺麗な花 咲かせるだろう

全員

ハルジオンが枯れたとしても〜


深川 白石 西野

花の名前なんてそんなに知らないよ

橋本 生田 秋元 星野 飛鳥

だけど君のことはずっと覚えている

深川 白石 西野

やっと言える

生駒 松村 万理華

大好きだよ

全員

ハルジオンが道に咲いたら〜



歌詞引用 : 秋元康「ハルジオンが咲く頃」

秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、衛藤美彩、斎藤ちはる、桜井玲香、白石麻衣、高山一実、西野七瀬、橋本奈々未、深川麻衣、堀未央奈、星野みなみ、松村沙友理、若月佑美、松井玲奈

生田 白石 西野

君のことを考えた
僕が死んだ日のことを…
ずっとそばにいたいけど
別れはやって来る

生駒 橋本 松井

君はきっと泣くだろう
僕のいない現実に…

秋元 桜井 星野 堀

いくら泣いても泣いても
涙が止まらない

衛藤 松村 若月 (秋元 桜井 星野 堀)

空の上から見てる(僕も)
悲しくて悲しくて(つらい)

ちはる 高山 深川

でも叫んでも
声は届かない

生田 白石 西野 生駒 橋本 松井

慰めようにも
見えない存在さ

全員

だから決めたんだ〜


秋元 桜井 星野 堀

ごめん 一人置いて行って…
たったひとつ気がかりだよ

衛藤 松村 若月

だからそっと微笑んで
僕を許して欲しい

ちはる 高山 深川 (生田 白石 西野)

もしも生まれ変わったら(絶対)
君にもう一度逢いたい(神様)

生駒 橋本 松井

でも赤ちゃんの
僕を君は見て

秋元 桜井 星野 堀 衛藤 松村 若月 ちはる 高山 深川

気づいてくれるか
僕だってわかるかな

全員

だから決めたんだ〜


生田 白石 西野 生駒 橋本 松井

人は永遠じゃない
誰も去る日が来る
だけど愛だけはずっと残る

秋元 桜井 星野 堀 衛藤 松村 若月 ちはる 高山 深川

僕がいなくなっても
まわりを見回せば
ちゃんと君の近くにいる
永遠に見守ってる

生田 白石 西野

だから決めたんだ 僕がいる場所を…

生駒 橋本 松井

部屋の右側の

秋元 桜井 星野 堀 衛藤 松村 若月 ちはる 高山 深川

壁の端っこに

全員

悲しくなったら〜

生田 白石 西野

君のことを考えた
僕が死んだ日のことを…
ずっとそばにいたいけど
別れはやって来る



歌詞引用 : 秋元康「僕がいる場所」

衛藤美彩、桜井玲香、若月佑美

桜井 若月

大地を風が吹き抜けて

衛藤 若月

緑の木々が波打つ

衛藤 桜井

その力強い命の息吹に

桜井 若月

この胸がなぜか熱くなる

全員

昨日まで悩んでいたこと〜


衛藤 桜井

夕陽が西の地平線

桜井 若月

真っ赤に染めて沈むよ

衛藤 若月

母親のようなぬくもり残して

衛藤 桜井

暗闇と夢を引き換えに…

全員

まわりには人影もなくて〜
やさしさを求めるだけではだめだ〜



歌詞引用 : 秋元康「誰かは味方」

↑このページのトップヘ